Yomoca について

Yomoca(よもか)は、NPO法人地域資料デジタル化研究会の読書推進/生涯学習推進のマスコットキャラクターです。白ヤギさんと黒ヤギさんがお互いの手紙を食べてしまうように、本を読み知識を食べて、より豊かな人生を生きることができるようにとの願いから生まれました。白いほうが[白よもか]黒いほうが[黒よもか]ですが、いつも二人仲良く本を食べて…いや読んでいます。

Illustrated by HIKARI

 

Yomoca DAYS(よもかデイズ)

Yomoca DAYSは、そんなYomoca(よもか)と一緒に読書を楽しむための様々なニュースを集めてお伝えするサイトです。本や読書に関すること、作家/作品、出版社、書店、図書館、ブックカフェやブックホテルなど本のある場所などなど、活字離れや読書離れが当然のように言われてしまう時代ではありますが、私たちは「けっして読書をあきらめない」「本の可能性はまだまだ無限大∞」という志を胸に秘め、このYomoca DAYSを通じて読書のすばらしさをみなさまにお伝えしていきたいと取り組んでおります。

どうぞよろしく願いいたします。

 

タイトルとURLをコピーしました