スポンサーリンク

観光再生 サスティナブルな地域をつくる28のキーワード 村山慶輔 / プレジデント社 – 本パニオン Web時代の読書のおとも

観光再生 サスティナブルな地域をつくる28のキーワード

 

  1. 第1章 観光再生に欠かせない「サスティナブル」という視点
    1. #01 サスティナブル・ツーリズム
      1. 観光は「手段」であって「目的ではない
      2. 世界基準を目指すための「日本版持続可能な観光ガイドライン」とは?
      3. フィンランド政府観光局が取り組む「サステナブル・フィンランド」
    2. #02 リジェネラティブ・トラベル
      1. 「環境に優しい」ではなく「環境をよくする」という考え方
      2. 宿泊料に加算される2%のフィーを地域社会に還元する「Playa Viva」
      3. フェアトレードやカーボンフットプリントといった考え方もある
    3. #03 地域教育とシビックプライド
      1. シビックプライドを醸成する「地域教育」とは?
      2. 意見を押し付けるのではなく、意見を引き出すことが大事
      3. 巡礼路で有名なスペイン・ガリシア州で行われている地域教育
      4. 市民の協力を得るための「バルセロナ+サステナブル・マップ」とは?
    4. #04 コミュニティ・ツーリズム
      1. 地域住民主体の観光開発
      2. 収益を村全体に分配しているエクアドルの農村
    5. #05 観光貢献度の可視化
      1. 観光公害やオーバーツーリズムを誘発する要因
      2. 観光貢献度の数値化を徹底するアメリカのDMO
      3. きめ細かな観光的指標で住民の幸福度を測る岩手県の取り組み
    6. #06 量から質へ(発想の転換)
      1. “観光疲弊国”にならないために
      2. 「マス・ツーリズムからの脱却」を宣言したオーストリア・ウィーンの戦略
    7. #07 BCPの策定
      1. 欧米のDMOによる緊急時の情報発信はなぜ早い?
      2. 具体的になにをしたらいいのか
  2. 第2章 「新技術」でネクスト・ステップへ進む
    1. #08 マイクロモビリティ
      1. 都市型と郊外型、それぞれに合うものがある
      2. 世界の動き①「フランス・パリで盛り上がる電動キックボード」
      3. 世界の動き②「エコ先進国・ニュージーランドにおける2つの事例」
      4. 超小型電動自動車を貸しだす大分・姫島
    2. #09 観光型MaaS
      1. 観光と密接に関わる交通手段の新潮流
      2. ”最短ルート”ではなく、”最適ルート”が重視される理由
      3. 訪日外国人のための「くるり奈良」の仕組み
      4. 欧州で最も人口密度が低いスコットランドのパイロット事業
    3. #10 DX(デジタルトランスフォーメーション)
      1. 観光産業のDXには「攻め」と「守り」の両施策がある
      2. ”技術ありき”ではなく”ありたい姿”から逆算して考える
      3. 観光産業のDXでエコシステムを構築するシンガポール
      4. ホスピタリティ業界のデジタル革命
    4. #11 スマートツーリズム
      1. 観光分野でも応用され始めたスマートシティ
      2. 観光立国・スペインが行うスマートツーリズムへの取り組み
      3. コロナ禍がスマート化の追い風となるわけ
    5. #12 バーチャルツーリズム
      1. オンラインでの体験が重要度を増す理由
      2. リアルでは不可能な新規顧客の獲得につながる
      3. イマーシブ・テクノロジーを使ったフェロー諸島の取り組み
      4. 試されているのは「企画力」
      5. 通販と組み合わせて「生産者支援」という付加価値をつける
    6. #13 ライブコマース
      1. 拡大するライブコマース市場
      2. インタラクティブコミュニケーションとエンタメ性は必須
      3. どのメディアがどういったユーザーと相性がいいかも見ていく
    7. #14 AI・ロボット/非接触型機器
      1. コロナ禍で導入の機運が高まった
      2. 国際的な安全基準をクリアしたメキシコのリゾート
      3. 信頼回復に向けた空港と航空会社の取り組み
  3. 第3章 観光の新たな「トレンド」を捉え、対応する
    1. #15 アフターインスタ映え
      1. 加速する「食の多様化」
      2. 「食の選択」におけるニュー・スタンダード
      3. 「ただ美味しければいい、見た目がよければいい」という時代の終焉
      4. 中国で急進する「トレーサビリティ」の取り組み
    2. #16 食の多様性
      1. アメリカで3年で6倍に増えたベジタリアン
      2. 欧州で広まるヴィーガンのためのフードツアー
      3. 欧米で進む「グルテンフリー」への対応
      4. 日本でも広まりつつある食の多様性への対応
    3. #17 アドベンチャー・ツーリズム
      1. ニューノーマルな旅行に合致した可能性に満ちたマーケット
      2. 「品質の担保」「環境の保全」「安全性の確保」を実現するニュージーランドの取り組み
      3. 事業の安定性を生む2つのマーケット
    4. #18 ロングステイヤー/ワーケーション
      1. なぜ長期滞在者の獲得を目指すのか
      2. エストニア政府も推し進める「デジタルノマドピザ」
      3. アメリカ発の「ワーケーション」としての動き
      4. 開放的な空間を提供できる地域にチャンスあり
    5. #19 レスポンシブル・ツーリズム
      1. 日本は世界に比べて遅れている!?
      2. 世界で最も進んだヨルダン・フェイナンエコロッジの取り組み
      3. 地域に根ざした文化への理解を促すハワイ
      4. 地域と訪問客の結びつきを強固にするツーリズム・ラーニングの可能性
      5. 観光客に対し能動的に動くパラオ
  4. 第4章 「新戦略」で未来のニーズを先取りする
    1. #20 高付加価値化
      1. 高付加価値化は旅行業に不可避のテーマ
      2. 仕事内容に見合った報酬は必須である
      3. 稼働率の平準化がカギを握る
      4. 高付加価値化を実現する7つの切り口
      5. ローカルと観光客を結ぶツアーガイドの存在は不可欠
    2. #21 富裕層(ラグジュアリー)マーケット
      1. 富裕層が好む観光資源に恵まれている日本
      2. 富裕層市場を掘り起こすために必要なこと
      3. 富裕層向けメディアが示したトレンドとは?
      4. タイはディスカウント旅行やバックパッカー依存からの脱却を目指す
    3. #22 ニューマーケットの開拓
      1. 経済成長の最中にある国を狙う理由
      2. イノベーターとアーリーアダプターへのアプローチ方法
      3. 世界が注目するインド市場の可能性とアプローチ事例
      4. 有事の際のリスクを軽減するために
    4. #23 観光CRM
      1. CRMと呼ばれる顧客関係管理とはなにか
      2. スイス・ウェルマットを参考にした気仙沼DMOの取り組み
      3. 「リテンション」を保つ既存客への情報発信
    5. #24 リスク分散/事業の多角化
      1. コロナが終息しても続けていくべきこと
      2. 盆暮正月や大型連休に依存しないために
      3. 事業の多角化を測る際のポイント
  5. 第5章 地域を支える「人」を育てる/呼び込む
    1. #25 人材の確保・育成
      1. 出向者は構造上、コア人材になりづらい
      2. 覚悟をもって採用活動をすることの重要性
      3. 新しい働き方によって広がる人材登用の方法
      4. 中核人材を「育成」するために
    2. #26 サバティカル制度
      1. イノベーティブな人材を生み出すギャップいやーとは?
      2. “観光業以外”で導入が進むサバティカル制度
      3. 戦略的に地域の観光を担う人材を育てる
    3. #27 ダイバーシティ
      1. 多様な人材が揃っていれば、多様化するニーズに応えられる
      2. 「女性の採用率を上げること」が目的ではない
      3. 固定概念を打ち破るために必要なこと
    4. #28 関係人口の創出
      1. 「関係人口」という考え方がなぜ必要なのか
      2. 「関係人口」の可能性を広げるためには?
      3. イタリアの人口約550人の町が行ったプロジェクト
      4. 関係人口の”予備軍”と地域住民を結びつける
    5. おわりに
  6. あわせて読みたい
  7. 関連リンク

第1章 観光再生に欠かせない「サスティナブル」という視点

#01 サスティナブル・ツーリズム

観光は「手段」であって「目的ではない

世界基準を目指すための「日本版持続可能な観光ガイドライン」とは?

 

 

2020 Sustainable Top 100 Destinations

フィンランド政府観光局が取り組む「サステナブル・フィンランド」

  • フィンランド政府観光局日本支局

  • 株式会社 Forsight Marketing
Matkatori
Matkatori、東京都中央区 - 「いいね!」3,488件 · 26人が話題にしています - マトカトリはフィンランドとバルト三国を中心としたの旅の広場です、情報収集からショッピングまでゆっくりとお過ごしください。 

能登 重好
能登 重好さんはFacebookを利用しています。Facebookに登録して、能登 重好さんや他の知り合いと交流しましょう。Facebookは、人々が簡単に情報をシェアできる、オープンでつながりのある世界の構築をお手伝いします。

#02 リジェネラティブ・トラベル

「環境に優しい」ではなく「環境をよくする」という考え方

宿泊料に加算される2%のフィーを地域社会に還元する「Playa Viva」

フェアトレードやカーボンフットプリントといった考え方もある

 

#03 地域教育とシビックプライド

シビックプライドを醸成する「地域教育」とは?

  • シビックプライド | Wikipedia

意見を押し付けるのではなく、意見を引き出すことが大事

巡礼路で有名なスペイン・ガリシア州で行われている地域教育

市民の協力を得るための「バルセロナ+サステナブル・マップ」とは?

 

#04 コミュニティ・ツーリズム

地域住民主体の観光開発

収益を村全体に分配しているエクアドルの農村

 

#05 観光貢献度の可視化

観光公害やオーバーツーリズムを誘発する要因

観光貢献度の数値化を徹底するアメリカのDMO

きめ細かな観光的指標で住民の幸福度を測る岩手県の取り組み

 

#06 量から質へ(発想の転換)

“観光疲弊国”にならないために

「マス・ツーリズムからの脱却」を宣言したオーストリア・ウィーンの戦略

 

#07 BCPの策定

欧米のDMOによる緊急時の情報発信はなぜ早い?

具体的になにをしたらいいのか

 

第2章 「新技術」でネクスト・ステップへ進む

#08 マイクロモビリティ

都市型と郊外型、それぞれに合うものがある

世界の動き①「フランス・パリで盛り上がる電動キックボード」

世界の動き②「エコ先進国・ニュージーランドにおける2つの事例」

超小型電動自動車を貸しだす大分・姫島

 

#09 観光型MaaS

観光と密接に関わる交通手段の新潮流

”最短ルート”ではなく、”最適ルート”が重視される理由

訪日外国人のための「くるり奈良」の仕組み

欧州で最も人口密度が低いスコットランドのパイロット事業

 

#10 DX(デジタルトランスフォーメーション)

観光産業のDXには「攻め」と「守り」の両施策がある

”技術ありき”ではなく”ありたい姿”から逆算して考える

観光産業のDXでエコシステムを構築するシンガポール

ホスピタリティ業界のデジタル革命

 

#11 スマートツーリズム

観光分野でも応用され始めたスマートシティ

観光立国・スペインが行うスマートツーリズムへの取り組み

コロナ禍がスマート化の追い風となるわけ

 

#12 バーチャルツーリズム

オンラインでの体験が重要度を増す理由

リアルでは不可能な新規顧客の獲得につながる

イマーシブ・テクノロジーを使ったフェロー諸島の取り組み

試されているのは「企画力」

通販と組み合わせて「生産者支援」という付加価値をつける

 

#13 ライブコマース

拡大するライブコマース市場

インタラクティブコミュニケーションとエンタメ性は必須

どのメディアがどういったユーザーと相性がいいかも見ていく

 

#14 AI・ロボット/非接触型機器

コロナ禍で導入の機運が高まった

国際的な安全基準をクリアしたメキシコのリゾート

信頼回復に向けた空港と航空会社の取り組み

 

第3章 観光の新たな「トレンド」を捉え、対応する

#15 アフターインスタ映え

加速する「食の多様化」

「食の選択」におけるニュー・スタンダード

「ただ美味しければいい、見た目がよければいい」という時代の終焉

中国で急進する「トレーサビリティ」の取り組み

 

#16 食の多様性

アメリカで3年で6倍に増えたベジタリアン

欧州で広まるヴィーガンのためのフードツアー

欧米で進む「グルテンフリー」への対応

日本でも広まりつつある食の多様性への対応

 

#17 アドベンチャー・ツーリズム

ニューノーマルな旅行に合致した可能性に満ちたマーケット

「品質の担保」「環境の保全」「安全性の確保」を実現するニュージーランドの取り組み

事業の安定性を生む2つのマーケット

 

#18 ロングステイヤー/ワーケーション

なぜ長期滞在者の獲得を目指すのか

エストニア政府も推し進める「デジタルノマドピザ」

アメリカ発の「ワーケーション」としての動き

開放的な空間を提供できる地域にチャンスあり

 

#19 レスポンシブル・ツーリズム

日本は世界に比べて遅れている!?

世界で最も進んだヨルダン・フェイナンエコロッジの取り組み

地域に根ざした文化への理解を促すハワイ

地域と訪問客の結びつきを強固にするツーリズム・ラーニングの可能性

観光客に対し能動的に動くパラオ

 

第4章 「新戦略」で未来のニーズを先取りする

#20 高付加価値化

高付加価値化は旅行業に不可避のテーマ

仕事内容に見合った報酬は必須である

稼働率の平準化がカギを握る

高付加価値化を実現する7つの切り口

ローカルと観光客を結ぶツアーガイドの存在は不可欠

 

#21 富裕層(ラグジュアリー)マーケット

富裕層が好む観光資源に恵まれている日本

富裕層市場を掘り起こすために必要なこと

富裕層向けメディアが示したトレンドとは?

タイはディスカウント旅行やバックパッカー依存からの脱却を目指す

 

#22 ニューマーケットの開拓

経済成長の最中にある国を狙う理由

イノベーターとアーリーアダプターへのアプローチ方法

世界が注目するインド市場の可能性とアプローチ事例

有事の際のリスクを軽減するために

 

#23 観光CRM

CRMと呼ばれる顧客関係管理とはなにか

スイス・ウェルマットを参考にした気仙沼DMOの取り組み

「リテンション」を保つ既存客への情報発信

 

#24 リスク分散/事業の多角化

コロナが終息しても続けていくべきこと

盆暮正月や大型連休に依存しないために

事業の多角化を測る際のポイント

 

第5章 地域を支える「人」を育てる/呼び込む

#25 人材の確保・育成

出向者は構造上、コア人材になりづらい

覚悟をもって採用活動をすることの重要性

新しい働き方によって広がる人材登用の方法

中核人材を「育成」するために

 

#26 サバティカル制度

イノベーティブな人材を生み出すギャップいやーとは?

“観光業以外”で導入が進むサバティカル制度

戦略的に地域の観光を担う人材を育てる

 

#27 ダイバーシティ

多様な人材が揃っていれば、多様化するニーズに応えられる

「女性の採用率を上げること」が目的ではない

固定概念を打ち破るために必要なこと

 

#28 関係人口の創出

「関係人口」という考え方がなぜ必要なのか

「関係人口」の可能性を広げるためには?

イタリアの人口約550人の町が行ったプロジェクト

関係人口の”予備軍”と地域住民を結びつける

 

おわりに

 

あわせて読みたい

 

関連リンク


 

観光再生 サステナブルな地域をつくる28のキーワード | 村山 慶輔 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで村山 慶輔の観光再生 サステナブルな地域をつくる28のキーワード。アマゾンならポイント還元本が多数。村山 慶輔作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また観光再生 サステナブルな地域をつくる28のキーワードもアマゾン配送商品なら通常配送無料。

コメント

タイトルとURLをコピーしました